あなたの脊椎が行える7つの素晴らしい行動

 

脊髄とは何なのか?

あなたの行う全ての動きーあなたの目の瞬きからつま先を伸ばすまでー神経の束を集約する事ができる脊椎に感謝、それによって脳から体の全体まで情報を伝達する事ができます。

しかし、脊椎はあなたが恐らく思いもしなかった事を行う事ができています。

初めに、まず重要な箇所を分かりやすくして行きます。

人体の体の動きの中枢として、脊髄は神経の長い連絡網―脳に続いてー中枢神経を構成しています。その神経網は背骨を走る椎骨(骨)と椎間板(細胞の組織)によって囲まれており、守られています。

別の見解では、体にとっての情報を伝達するための高速幹線道路として見る事ができます。Eメールを打つ時もしくは犬を歩かす時でも、脳が情報を伝達し、それは正しい目的地に到着するまで脊髄を通ります。そして、動作が発生します。

 

7つの驚愕する脊椎の真実

あなたは脊椎の神経網に対する役割を恐らく理解できたと思いますーしかしあなたは脊椎と脊髄はきめ細やかな方法で動いている事を恐らく知らないかもしれません。脊髄が膀胱を司る脊椎を治す仕組みを知る事により、続けて読む幾多の真実はあなたの度肝を抜かすかもしれません。

  1. あなたの知らない所で動いています。

時に、脊髄はあなたの知らない所で司令を受けています。これは体の自然体な動きを司っています、例として光によって拡張する目、もしくはあなたの昼食を処理するための消化器官となっています。

  1. あなたが4歳の時から成長していない。

脊髄は4歳になったとき物理的に成熟します。その時の到達点が、最も成長した時となっています。その反面、椎骨と脊椎の椎間板は引き続き成長しています。

3.あなたの指の爪ほどの太さとなっています。

脊椎は高速幹線道路の記録容量を恐らく持っているかもしれませんが、1太さは1―1.5センチメートルとなっており、実際としてはとても小さいです。

4.癒しの神経を伝達する

自分が怪我をした時―ストーブによって手を火傷した時もしくは倒れて膝を擦りむいた時―痛みの情報が脊椎を通って脳にまで怪我をしてしまったと伝わります。そしてそこから、脳から脊髄を伝って白血球を分泌して治療を行うように促します。

5.あなたの腸と膀胱を司っています。

全体で5つの部分が脊柱を構成しています。上から下まで、首(頭蓋骨に最も近い)、胸郭、腰椎、仙骨、そして尾骨となっています。それぞれ違った使命と体の違う部分を司っています。もしあなたが膀胱を司っている脊椎が気になっているなら、それは腸を司っている同じ部分の仙骨となっています。

6.日常の動きに対しての最短距離を生み出しています。

普段あなたが取っている行動はたくさんあり、そして主にそれらは自動操縦となっていますーハンドルの操作を行う手順を見てみます。これらの動きが簡単に作り出されるのは脊髄の中で神経網に対しての最短距離が保管されているからであり、蓄積された情報が正しい動きを導きだすための引き金を少ない時間で導きだす事が可能となっています。

7.空白により伸びる事ができます。

もし貴方が火星へ旅行に行きたいと計画したなら、新しいズボンを収納したいと恐らく考えます。それはなぜなら重力によって椎骨が空白を埋めることが出来るからであり、宇宙飛行士を普段より大きく見せていますーしかしそれは一時的なものとなっています。地球に戻ってきた時には、巨大な重力が空白を凝縮して従来の身長に戻します。

なぜ脊椎を守る事は健康に影響するのか

脊椎が行える素晴らしい出来事を省みる中で、安全に保つ事はとても重要です。最終的に、神経への損傷は重大な問題を及ぼす事になりますー慢性的な痛みから麻痺に至ります。

更に、自分の背中の健康を全体として守るために、姿勢を促すことは決して無駄にはなりません、質の良いマットレスの導入と人間光学に基づいて構成されたオフィスを体験してみてください。

自分を守るために、運転する時はシートベルトを着用し、スポーツを行う時と仕事の時は転倒に注意をしてくださいーこれらの要素が脊髄の損傷に導く主な理由となっています。

Related Posts

Leave a comment

You must be logged in to post a comment.

【北海道・沖縄(離島・一部地域)への送料について】 国内(北海道・沖縄を除く)への送料は無料。 北海道・沖縄への配送は別途送料がかかります。