コンピュータを長時間使うことで、健康リスクが高まり

仕事で一番よく使う機械は何ですか?コンピュータです。コンピュータは信じられないほど効率よく仕事ができるようにしてくれます。一方、健康にリスクがあることも無視できません。1日24時間近くスクリーンを見たり、タブレットや携帯を使う現代、コンピュータによって引き起こされる目への影響は一層ひどくなっています。アメリカの公共放送ネットワークPBSのリワイヤによると、1人当たり毎日平均11時間スクリーンを見ており、10分おきに携帯をチェックしているそうです。

 

コンピュータが健康面への影響

コンピュータは人の健康に様々なリスクをもたらします。特に姿勢と視力に影響します。ピッツバーグ大学の研究では、不自然な姿勢、長時間同じ体勢でいることや同じ動作の繰り返しは、手首や肩、背中への不要なストレスの原因となることがわかりました。長時間の使用、疲れ、使い過ぎは、筋肉や関節を緊張させ、もっとお金のかかる健康問題になってしまいます。

光には様々な波長のものがあります。その中に含まれるブルーライトは、太陽の光に似ています。米国眼科学会は、長時間コンピュータを使った後に目の疲れがあるなら、ブルーライトが原因の可能性が高いと発表しました。寝る直前にブルーライトを発する画面を見すぎると、脳が起きている状態になり、睡眠障害が起きる原因になります。

 

 

コンピュータと人間工学の間の問題を解決する5つの方法

長時間コンピュータに向かうことは、体にとても負担をかけ、肥満や心臓の問題にまで発展します。コンピュータと人間工学の間の問題の解決法は、簡単なものから複雑なものまで幅広くありますが、要点はその方法がリスクを弱めるものであることです。ここで紹介する解決策は、この難しい問題のいろいろな要素―例えば目の疲れや他の肉体的な疲れなどーを解決する助けとなります。しかし、コンピュータと人間工学の間の問題に対する最もよい戦略には、様々なアプローチが含まれます。

  1. アラームをかける

長い時間休憩なしでスクリーンを見続けるのではなく、20分か30分おきにアラームをセットして、遠くを見たり、まばたきをして少し目を休めてから仕事に戻るようにしましょう。

  1. ブルーライトカットの眼鏡を使う

「ウィメンズ・ヘルス」によると、この種の眼鏡は、目の刺激になり、眠れない原因となるブルーライトをカットしてくれます。

 

  1. スタンディングデスクを使う

不自然な位置に良くない姿勢で座っていることで疲労障害が起きているなら、立つことを検討しましょう。姿勢が変わるだけではなく、カロリーもたくさん消費できます。

 

  1. 人間工学に基づいたアセスメントを得る

もしあなたが、肩や手首の痛みが仕事からくるものだと感じているなら、職場で起こり得る問題や、その原因となるものを特定するために、プロの人間工学アセスメントを得ることについて、会社と話し合いましょう。

 

  1. 他の仕事

オーストラリア政府の「ヘルシーリビング」のサイトは、長い間中断なしで決まった動作をすることがないように、仕事をミックスする方法を探すよう勧めています。

 

コンピュータの健康リスクと闘うための第一歩は、気づくことです。今やあなたは差し迫った問題とその解決法について詳しくなりました。使い過ぎを防ぐための適切な手段をとることができます。コンピュータは、生産性を上げ、優れた業績を上げるための素晴らしいツールではありますが、有害無益になることがないように、バランスを見出すことが大切です。

 

 

Leave a comment

You must be logged in to post a comment.

【北海道・沖縄(離島・一部地域)への送料について】 国内(北海道・沖縄を除く)への送料は無料。 北海道・沖縄への配送は別途送料がかかります。