オフィスで時々立ち作業をしたい人はLoctekのS1Lノートパソコンアームはオススメです

Loctek S1Lは座席とスタンディングワークスタイルを提供しています。長時間座ってあなたの健康にはよくないとよく耳にきます。世界各地の大手企業や事務所はスタンディングデスクを配置していることも珍しくではない。

人間が決して一日椅子の上で仕事するわけはないので、エルゴノミクス面で解決策方法はテーブルに一つのS1Lような物を設置すればいいと思います。 このS1L型番のスタンドはもう検査されたとのことです。


普通の家庭にはノートPC使っている。狭い部屋にはノートPCは結構便利ですね。
小さい机には仕事の展開はなかなか不快であること。またノートパソコンを机に置くのは大変不便になります。しかし、S1Lを擁有すれば、机を活用できます。自在に座位-立位変換に対応する、

そして、高さ調整できます。そして、ノートPCでは小さくても作業効率がよくなること、目の疲れや肩こりなどのいわゆるOA病の懸念も減少する。USBポート付きの革新的なデザインはとてもかかれている。または航空機用アルミニウム製で、長持ちすることでは宝物にして持ちたい。

このS1Lの組み立ては?

設置にはクランプ式(挟み込む)とグロメット式(机の穴にネジを通す)の両方に対応しています。また、アーム部と設置部にはケーブルガイドがあります。?どの方法を取るか使っている机に次第です。アームのベースを机に挟んでいるから、ディスプレイと組立ったら、アームを適合な高さに設置すればいいです。

私たちはノートパソコンを使うとき、よくディスプレイを上がり下がりことがあります。一番の高さ、一番の下に回り、S1Lのガススプリング圧式ですので、台に何も載っていないと最大の高さで固定されますが、ノートPCが載っていると、使用したい位置に簡単に移動する事が可能です。全くの抵抗がないというものではないですが、それでも通常の支柱式のものと比べると雲泥の差で移動がしやすいです。これにより、ノートPCを使用しないときは引っ込めるや、横にずらしておく事で、机のスペースを最大限活用する事ができます。

これは一度覚えるとクセになります。かなり快適です。

検査の一つ項目では、S1Lのスタンディングデスクとして使ったこと。最近は、立った姿勢で仕事をするほうが捗るという話もあり、机の高さが変わるように改造したという会社もあると聞きます。このアームを使えば、そんな無茶なデスクを使うよりよっぽど合理的です。 このS1Lでは既に新しいワークスタイルを作りました。ちょうどいいベースのサイズやガススプリングの運用の上で、この肩は完全にエルゴノミクス性を体現しました。

 

 

Leave a comment

You must be logged in to post a comment.

【北海道・沖縄(離島・一部地域)への送料について】 国内(北海道・沖縄を除く)への送料は無料。 北海道・沖縄への配送は別途送料がかかります。