脊柱問題あれこれ!健康を保つ為に脊柱を保とう!

日常生活中にある脊柱問題

 

ヒトの身体に約32〜35個ほど存在し、人体の大切な機能を司る「脊柱」。
一般的には「背骨」とも言われる部分ですね。

体幹の構造上の中心を成していて、頸椎・胸椎・腰椎・仙椎・尾椎と呼ばれる「椎骨」が縦並びになっている構成です。

この脊柱は姿勢を決定する為の重要な要素であったり、また姿勢によっては腰痛や背痛を引き起こす原因にも繋がる部分です。

今回は、脊柱にまつわる健康問題についてお話していきたいと思います。

 

 

なぜ問題が発生? 
日常生活において脊柱問題とされている点は、やはり姿勢の異常による身体の不具合ではないでしょうか。

たとえば、こんな経験はありませんか?
・左右の肩の高さが違う
・左右でズボンの長さが違う
・首や肩が凝る
・腰や膝が痛む
・手足が痛んだり、しびれやすい
・太っている訳でもないのにお腹がぽこっと出ている

実はこれらは、「脊柱のゆがみ」によって引き起こされている事が多いんです。

背骨の内側にはたくさんの神経が走っており、この神経の束を通して脳は身体に対し命令を送っています。

しかし、脊柱がゆがんでいるとその神経も圧迫されてしまうので、脳への命令伝達にエラーが生じることに。

その結果、上記のような身体の不調が起きてしまうのです。

脊柱のゆがみによる姿勢の異常、さらに身体の不調を予防するには、脊柱を正常に保つ為の様々な取り組みが必要となってきます。

 

 

脊柱を保つ方法

 

以下のような癖がある人は、脊柱がゆがみやすくなっているので、意識して改める癖をつけましょう。

・脚を組む
・腕を組んで立つ
・頬杖をつく
・横座りをする
・片足に体重をかけて立ち続ける
・高い枕を使っている
・長時間パソコンに向かっている

これらを控えるだけでも、脊柱のゆがみが悪化するのを予防できるでしょう。

さらに脊柱のゆがみを解消するには、肩甲骨周辺や全身のストレッチ、身体の前後屈運動などが有効とされています。

注意点としては、無理に脊柱に負担をかけない事。
よけい状態が悪化するおそれがあります。
気持ち良いと感じる範囲内で行うのがベストです。

力を抜き、ゆっくりと呼吸しながら伸びやかにストレッチを行いましょう。

ストレス解消にもなりますし、脊柱や姿勢の改善は、内臓の健康にも繋がります。

そして当然、たまにやるだけでは十分な効果は得られません。
一朝一夜で改善が見込めるものではないので、毎日の継続が必要となってきます。

Related Posts

Leave a comment

You must be logged in to post a comment.

【北海道・沖縄(離島・一部地域)への送料について】 国内(北海道・沖縄を除く)への送料は無料。 北海道・沖縄への配送は別途送料がかかります。